2020.08.05 ウェビナー『ウーマノミクス20年の軌跡とこれから〜現場へのヒント』

「ウーマノミクス」という言葉がキャシー松井さんによって日本に紹介されてから20年余が経過しました。1999年56%だった日本の女性就業率は、2019年には71%に達して米国(66%)を追い抜きました。さらに就業率が日本の男性と同じレベル(83%)まで上昇すれば、日本のGDPを10%押し上げる可能性があると言われています。

今回、長年にわたるBDTIの支援者である松井さんをお招きし、日本の到達点と将来像についてお話いただきます。ウーマノミクスがアベノミクスの重要な一角となった背景には、キャシー松井さんのアドバイスがあったことは皆様ご承知の通りです。BDTIも、企業のリーダー層のダイバーシティと財務パフォーマンスとの相関等について、多くの示唆を頂いてきました。BDTI代表理事のニコラス・ベネシュも加わって、データの示すダイバーシティの効果についてご紹介します。

他方で、女性登用を進めたい企業や上司の方々には、特有の悩みがあるというのもよく聞く話題です。キャシー松井さんがこの度上梓された「ゴールドマン・サックス流女性社員の育て方、教えます」(中公新書ラクレ2020.7.8)は、そのような経営上の悩みへのヒントになります。労働法を専門とする弁護士の市川佐知子がお話を伺います。本では触れられていない、キャシー松井さんご自身の一人の女性としてのキャリア形成や、法と現実の狭間、女性を育てる現場の本音等に迫ります。

今回のウェビナーでは、育成制度、オフィス環境、メンタリング等、皆様からのご質問に可能な限りお答えします。参加申込後、事前に、是非質問をお寄せくださいウェビナー最後にも参加者からご質問を募りますが、事前にお寄せくだされば、司会者からキャシー松井さんにリレーして、回答の可能性が高まります。なるべく多くの方からご質問ご意見を伺い、インタラクティブな会とするのが、BDTIの目標です。

キャシー松井さんへの質問の寄せ方info@bdti.or.jpまでメールでお寄せください

開催日時: 2020年8月5日(水曜日)16:00―17:30(1時間30分)

開催方法:  インターネットでウェビナー形式

登録手順:
① 以下のボタンをクリックして2020.08.05ウェビナーのセミナーへ8月3日までに申し込みます
② お申し込みおよびお支払い確認後、BDTIよりアクセス先URL、IDなどの詳細についてご連絡します

本セミナーへのご受講は事前のお申込みおよびお支払いが必要となります。(8/03) 12:00時までにお手続きください。)
何等かの質問、ダウンロードなどお困りごとなどがあれば info@bdti.or.jp までお気軽にご連絡ください。

参加費: 3,000円(税込み)  賛助会員 1,800円(税込み)
※参加費はすべて公益社団法人としてのBDTIの活動に充てられます。

10011179242

(BDTIホームページの登録サイト( https://bdti.or.jp/event-registration/ )へジャンプします。)

【講師略歴】

【基調講演約40分】
キャシー松井氏
ゴールドマン・サックス証券株式会社 副会長

ハーバード大学、ジョンズ・ホプキンズ大学院(SAIS)卒業。神戸大学大学院における日本外交政策の研究実績も有する。バークレー証券、日本輸出入銀行(当時)を経てゴールドマン・サックス証券入社。インスティチューショナルインベスターズアナリストランキング日本株式投資戦略部門 1 位を数度獲得し、2007 年にウォールストリートジャーナル「10 Women to Watch in Asia」、2014 年には Bloomberg Markets 「50 Most Influential 」に選ばれた。 現在、アジア女子大学支援基金財団の理事会メンバー、米日カウンシル議会理事会長、一般財団法人ファーストリテイリンング財団の理事等を務める。  

【松井氏との対談20分・総合司会】
市川佐知子
BDTI監事、田辺総合法律事務所弁護士

東京大学法学部卒業。ジョージタウン大学ローセンターLLM取得。労働法を専門分野の1つとし、数多くの企業の人事部に法的アドバイスを提供してきた、20年以上の経験を有する。2014年World Assembly for Womenの部会モデレーターを務め、2019年日米協会ワシントンDCで働き方改革について講演するなど、日本の労働法制、女性活用について積極的な発信活動をしている。米国公認会計士資格を有し、不正会計事件の危機管理、訴訟対応を得意とする。現在、株式会社良品計画の社外監査役を務める。

【ミニパネル20分】
ニコラス・ベネシュ
BDTI代表理事

米国スタンフォード大学政治学学士号取得後、米国カリフォルニア大学(UCLA)で法律博士号・経営学修士号を取得。旧J.P.モルガンにて11年間勤務。米国カリフォルニア州及びニューヨーク州における弁護士資格、ロンドンと東京で証券外務員資格取得。現在、在日米国商工会議所(ACCJ)の理事兼成長戦略タスクフォース座長を務める。2010年より、法務省と法制審議会会社法部会に対し会社法改正に対して意見を提供している金融庁主催コーポレートガバナンス連絡会議に所属する。これまでに、在日米国商工会議所理事、同対日直接投資タスクフォース座長、内閣府対日直接投資会 議専門部会の外国人特別委員、株式会社アルプスの取締役、スキャンダル後の株式会社LDH(旧名ライブドア)、株式会社セシール、イマジカグループ(証券コード:6879)の社外取締役を歴任した。その他、JTP代表取締役として数多くのM&Aアドバイザリーを務めた経験を有する。現在、アドバンテスト社(証券コード:6857)の独立社外取締役を務める。2013年より、日本の成長戦略の一環として金融庁主導のコーポレートガバナンス・コードの策定構想を提案し助言を行う。

<注意事項>
※本セミナーへのご受講は事前のお申込みが必要となります。
※ ご記入いただいた個人情報は、主催者がそれぞれ管理し、お問い合わせ対応、各種案内の送付、その他主催者によるサービス提供の目的にのみ使用します。
※ お申込みいただいた内容の変更や取消しはできません。
※セミナー延期及び中止の場合、詳細を記載したメールをご登録されている連絡用メールアドレスへお送りいたします。
※お申込みをキャンセルされる場合は、事務局まで必ずご連絡ください。

■本セミナーに関するお問い合わせ先
公益社団法人会社役員育成機構(BDTI)の事務局までお願い致します。
TEL: 03-6432-2337 FAX: 03-6432-2338
Email: info@bdti.or.jp          Web: http://bdti.or.jp/