関 孝哉

コーポレート・プラクティス・パートナーズ株式会社 代表取締役

明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 兼任講師

 京都大学博士(経済学)。東洋信託銀行、みずほ証券(日本投資環境研究所首席研究員)を経、2008年より現職。 日本インベスター・リレーションズ学会理事。

主な著書「コーポレート・ガバナンスとアカウンタビリティ論(単著 商事法務 2008)、「コーポレート・ガバナンス  英国の企業改革(編著 商事法務研究会 2001」、”Legal Reform and Shareholder Activism by Institutional Investors in Japan” Corporate Governance 13.3 (May 2005)、 経済産業省「企業経営と財務報告に関する研究会」委員(2001年10月~2002年3月)、金融庁「コーポレート・ガバナンス連絡会議」メンバー(2010年4月~)。

The Board Director Training Institute (BDTI) is a "public interest" nonprofit in Japan dedicated to training about directorship, corporate governance, and related management techniques. It is certified by the Japanese government to conduct these activities as a regulated nonprofit. Read a summary about BDTI here, and see a menu of its services for both corporations and investors here.