シャーマンアンドスターリング外国法事務法律事務所

シャーマンアンドスターリング
シャーマンアンドスターリングは、約 140 年の歴史を持ち、国際弁護士事務所として世界各国の一流企業、金融機関、政府および政府関連機関に対して法的アドバイスを提供してまいりました。  事務所間の枠を越えた世界的ネットワークを持つ約 850 名の所属弁護士の出身地は約 50ヵ国、使用言語は 50 言語以上に及び、米国、英国、フランス、 ドイツ、イタリアおよび香港の法律を取り扱っております。 1987 年に設立された東京事務所をはじめ、世界中の拠点は 18事務所にわたり、世界的な視野を持つアジアの企業や、日本、アジアはもとより、国際的にビジネスを行う世界の企業に対し画期的なアドバイスを行っております。東京事務所の弁護士の幅広い専門性と豊かな経験の分野は、国際証券取引、M&A、投資ファンド・プライベートエクイティ投資、独禁法、プロジェクト・ファイナンス及びその他金融・企業取引にわたります。米国もしくは英国法弁護士である当事務所の弁護士は、日本の名だたる取引に数多く携わったことで知られております。日本語と英語に長け、日本の法的・ビジネス慣行に明るいことにより、日本国内外のクライアントが持つ日本のコーポレート・ガパナンス及 び日本の商習慣にまつわる問題に対し、効果的な助言を行っております。
シャーマン アンド スターリングの東京事務所の詳細についてはこちらをご覧ください。
< http://www.shearman.com/ja/home.aspx >

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。