BDTI 「役員バンク」法人向けサービス

BDTI役員バンクは、BDTIの一日役員研修を少なくとも一度受講し自ら熱意を表明している経験豊かな個人賛助会員の中から、目的別・基準別に最も効果的に自社ニーズに合致する候補者を検索することができるよう、デザインされています。

    1. BDTIの法人賛助会員又は継続的寄付者であれば、役員バンクに無料で登録することができ、登録後は「法人ユーザー」となります。登録後も料金は一切かかりません。
      s
      ※役員バンクの利用に当たっては、「サービス利用ルール」に承諾して頂く必要があります。また、既にBDTIのウェブサイトやディスカッション・フォーラムにユーザー登録されている場合でも、別途、新たに登録して頂く必要があります。
      s
    2. 役員バンクに登録した個人賛助会員(「個人ユーザー」)は、登録フォームに自らの情報を入力し、その情報は、以下の2種類の情報に分けて管理されます。
      s
      (A) 一般略歴情報:個人ユーザーのスキル、経験、経歴等についての、簡単かつ類型化された情報(個人ユーザーの氏名など個人を特定できる情報は含みません。勤務先の会社名なども固有名詞では記載されません。)(B) 詳細経歴情報:個人ユーザーの氏名・住所・連絡先と、勤務先の会社名なども含めた詳細な経歴(いわゆる“履歴書”に相当するもの)※   この(B)の情報には、BDTIのシステムが登録フォームから自動で作成する履歴書のほか、個人ユーザーご本人の希望により、個人ユーザーが自ら作成した履歴書(検索可能なPDF形式で作成されたもの)を加えることができます。
      s
    3.  法人ユーザーは、自社のほか、グループ会社や投資先企業、又は顧客(転職エージェント等の場合)の取締役・監査役候補者を探索するために役員バンクを利用することができます。取締役・監査役候補者を探す手順は、次の通りです。

(ⅰ)   法人ユーザーは、「(A)一般略歴情報」を検索・閲覧し、求める人材を探します。

    ⇓      ⇓

(ⅱ)   法人ユーザーは、上記(ⅰ)の検索で興味がある人材がいた場合には、役員バンクに対して、当該人材の「(B)詳細経歴情報」を要求し、これを役員バンクから入手します。

※   法人ユーザーが入手することのできる「(B)詳細経歴情報」の件数は年単位で上限30件としております。なお、「(B)詳細経歴情報」を入手したとしても、BDTIから個人ユーザーに特段の連絡はいきません。

    ⇓

(ⅲ)   法人ユーザーは、上記(ⅱ)で入手した情報を踏まえて、当該人材にコンタクトするか否かを検討し、コンタクトしたいと考えた場合には、BDTIを通さず、自由にかつ直接に、個人ユーザーへコンタクトし、個人ユーザーとの間で、面接等について協議します。

※   この段階にはBDTIは一切関与しません。なお、候補者を他社に推薦する場合でも、ファーストコンタクトは、役員バンクに登録している法人ユーザーが自ら直接行って下さい。