ディスカッション・フォーラム

ACGA (The Asian Corporate Governance Association) は、日本版コーポレートガバナンス・コード(原案)についての意見書提出

アジア・コーポレート・ガバナンス・アソシエーション (The Asian Corporate Governance Association; ACGA)は、日本版コーポレートガバナンス・コード(原案)に意見書を提出しました。

意見書は下記からダウンロードできます。

The International Corporate Governance Network (ICGN)、日本版コーポレートガバナンス・コード(原案)に意見書

運用資産18兆ドル以上の機関投資家などのガバナンスの専門家が組織する団体であるThe Interntional Corporate Governance Networkは、日本版コーポレートガバナンス・コード原則に意見書を提出しました。

意見書は下記からダウンロードできます。
http://bit.ly/1DvzctC

Council of Institutional Investors (CII), 日本版コーポレートガバナンス・コード原案に意見書提出

主に年金基金等を会員とする米国の非営利団体、Council of Institutional Investors (CII)が、金融庁と東証が昨年12月に公表した「コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案)«コーポレートガバナンス・コード原案»~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために~」に意見書を提出しました。

CII意見書は下記からダウンロードできます。
http://bit.ly/1DvywEF

 

会計士らが提出した「コーポレトガバナンス・コードの基本的な考え方(案)に対する意見 」

 近藤 敏弘氏(公認会計士)、大樂 弘幸(公認会計士)、関根 麻里子氏が金融庁に提出した「コーポレトガバナンス・ドの基本的な考え方(案)に対する意見 」を、こちらでダウンロードできます:

http://bdti.mastertree.jp/f/3r95l7pb 

『第30回年金部会、GPIFのガバナンス体制は理事会による合議制へ』 (モーニングスター記事)

1月23日、第30回社会保障審議会年金部会が開催され、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のガバナンスに関して「年金積立金の管理運用に係る法人のガバナンスの在り方検討作業班報告」が行われたことが株式・投資信託・ETFの総合金融情報サイトのモーニングスターに掲載されています。

「コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案) ~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために~」 に関するCGネットの意見

27日、CGネットは 「コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案) 《コーポレートガバナンス・コード原案》 ~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために~」
に関するCGネットの意見」を公表しました。