ディスカッション・フォーラム | 取締役・執行役員向け研修なら、BDTIのコース、セミナー、e-ラーニング - Part 2776

具体的な会社法改正提案 (潜在的な利益相反性・利害関係性問題)

会社法改正について、提案をいたします。

概要 – 本稿では、具体的な法改正として、「潜在的な利益相反性の恐れがある決議に関して、独立社外取締役のみによって構成される会議体による決議を可能にしながら、そのような会議体による決議が行われない場合には、善管注意義務に関する立証責任を当該決議に賛成した取締役側に転換させる」ことを提案する。このようにすることによって、会社の利益に反する決議が行われることを事前に抑止する効果が得られるとともに、裁判になった場合、裁判官が正当な判断を行うための情報開示も期待できるのである。

法律制度・改正など: 最近のエントリー  (以下、本文を参照)

「最近の『監査役制度』を巡る議論を混乱に思う」(論文)http://bdti.mastertree.jp/f/6ktjhisn

具体的な会社法改正提案 (潜在的な利益相反性・利害関係性問題)http://bdti.mastertree.jp/f/46c92f3q   (本文)http://bdti.mastertree.jp/f/exs23pi7   (プレゼン資料)

「現金を対価とする米国上場企業の買収:『合併』対『公開買付』」

シャーマンアンドスターリング外国法事務弁護士事務所より、最新のニュースレターが届きました。 これには、現金を対価とする米国上場企業の買収に活用できる方法がまとめられています。下記のURLからご覧いただけます。

http://bdti.mastertree.jp/f/6ktjhisn

「最近の『監査役制度』を巡る論議を混乱に思う」 (論文)

NPOビジネス・サポートの木村忠夫様から、上記の題名の論文を頂いております。参考にになります。木村様は、「監査」の重要性に鑑み、監査役について、「妥当性監査権限」が確立しない限り、監査役制度は、廃止、ないし変更して「監査・監督委員会制度」(現行案について、まだ分からない点も多く、改善すべきと思う点もいくつかあるが)に移行すべきと考えていらっしゃるそうです。

http://bdti.mastertree.jp/f/80312hmw

「社外役員の独立性と企業価値・業績」 (論文)

三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社の入江和彦様と一橋大学の野間幹晴教授は「社外役員の独立性と企業価値・業績」という論文を執筆しています。この論文では、コーポレートガバナンス報告書をもとに行われた実証分析の興味深い結果が発表されています。

一つは、高い企業価値を生み出すのは特定の利害関係者ではない独立性の高い社外取締役であることです。つまり、単に社外取締役を導入することが企業の評価を高めるのではなく、社外取締役の独立性が重要であるということです。二つ目は、社外監査役の場合、独立性の重要度は低く、事業理解度の高い社外取締役がより良い企業業績をもたらすということです。

ログイン

まだご登録されていないですか?登録はこちらから。
簡単な入力ですぐに登録、投稿できます。