コーポレートガバナンス・コードへの対応状況の集計結果(2018年12月末日時点)

東京証券取引所が上場会社から提出されたコーポレート・ガバナンスに関する報告書に基づき、昨年末時点でのCGコードへの対応状況集計を公表しました。

●2017年7月との比較で、全体的にコンプライ率が下落
市場第一部では
・全原則コンプライの会社は、18.1%(-13.4pt)
・全原則のうち9割以上をコンプライしている会社は、85.3%(-7.7pt)

コーポレートガバナンス・コードの対応状況(2018年12月末時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です