経済同友会、『社外取締役の機能強化「3つの心構え・5つの行動」 ―実効性の高いコーポレートガバナンスの実現を目指して―』

5月22日、経済同友会は、『社外取締役の機能強化「3つの心構え・5つの行動」 ―実効性の高いコーポレートガバナンスの実現を目指して―』と題する提言を発表しました。

主な内容:

Ⅰ 日本企業の競争力強化における課題

1.社外取締役の機能強化

2.コンプライアンス問題

Ⅱ 提言①社外取締役の機能強化「3つの心構え・5つの行動」

1.社外取締役就任を依頼する企業の「3つの心構え」・「5つの行動」
(1-1)社外取締役就任を依頼する企業の「3つの心構え」
(1-2)社外取締役就任を依頼する企業の「5つの行動」

2.社外取締役を引き受ける側の「3つの心構え」・「5つの行動」
(2-1)社外取締役を引き受ける側の「3つの心構え」
(2-2)社外取締役を引き受ける側の「5つの行動」

Ⅲ 提言②コンプライアンス問題

Ⅳ 課題整理 企業のステークホルダーとの対話促進
―投資家との相互理解に向けた課題を中心に―

1.現状認識・問題意識

2.課題整理
(1)財務指標・非財務指標を高める企業の行動
(2)企業の行動と投資家との対話のアジェンダ
(3)対話のタイミング、対話の場、情報開示のツール
(4)フェア・ディスクロージャー・ルールを踏まえた建設的対話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です