日経産業新聞コラム『不寛容時代の危機管理広報』

日経産業新聞に広報の専門家が15回シリーズで『不寛容時代の危機管理広報』というコラムを掲載しました。

危機発生時の正確かつ迅速な情報開示が、企業の信頼失墜と信頼回復に及ぼす影響は昨今拡大する一方といえます。企業の広報部がその役割を果たすためには、その重要性を認識するトップとの意思疎通が欠かせません。自分自身の為ではなく会社の長期的信頼を維持するためにいざというときどの様な判断を下し、何をなすべきか、平時からシミュレーションしておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です