「投資家への手紙」 ~ 投資家との「建設的対話」に臨んだ企業の所感

世の中には、もらって嬉しいかは別にして、投資家が株式発行企業に宛てた「投資家からの手紙」というものがある。今や、投資家と企業とは、建設的に対話する関係である。そうであるなら、企業が投資家に対し「投資家への手紙」を差し出してもいいだろう。投資家から尊敬を集める経営者が、投資家との建設的対話に臨んでみたところ、どのような所感を得たのか、投資家も関心があるはずだ。本稿が、企業と投資家が建設的対話を進める上で僅かでも参考になれば幸いである。(ニッセイ基礎研究所 金融研究部 主任研究員   江木 聡 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です