内部通報制度の整備状況に関するアンケート調査(デロイトトーマツ)

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社は、8月29日、「内部通報制度の整備状況に関するアンケート調査」の結果を公表しました。本調査は、2016年6月~7月に経営企画/総務/法務/内部監査/国際管理の担当者および内部通報サービスに関心のある企業の担当者を対象に行い、230社の有効回答をまとめたものです。

調査では、「通報窓口の設置は浸透、外部窓口の設置も進むが、海外を含むグローバル内部通報の整備は道半ばのようである」と結果を要約しています。

BDTIでは、海外子会社トップ向けをはじめとするグローバル・ガバナンス研修を提供しています。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

オーダーメイド研修

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です