弁護士川井信之の企業法務ノート:取締役会の議案の無記名投票

大手流通企業の重要子会社の社長人事を否決した取締役会の決議は、無記名の秘密投票だったと報じられている。会社法は採決の具体的な方法については何も規定していないから、取締役会が秘密投票で行うと決めれば法的には問題ないようです。

弁護士川井信之氏は同氏ブログで取締役会の採決は原則やはり記名投票で行うべきであり、無記名投票は、例外的な場合に限られるべきではないか。という考えを綴っています。

弁護士川井信之の企業法務ノート:
http://blog.livedoor.jp/kawailawjapan/archives/8435215.html

 

BDTIについて
役員研修の経験と実績が豊富な会社役員育成機構(BDTI)は、日本企業のガバナンスの改善、コンプライアンス体制の強化、実行性のあるコーポレートガバ ナンス・コードの普及拡大を目指しています。現役・新任取締役、執行役員、部長クラスに「役員力」の基礎知識、役員としての視点と新たな気づき、世界のベ スト・プラクティスを提供します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です