デロイト トーマツ:「取締役会実態調査アンケート結果を公表」

最も足りない情報は「最高経営責任者等の後継者の計画の進捗状況」(38%)

本調査はJPX日経インデックス400銘柄企業(平成27年8月31日時点)及び有限責任監査法人トーマツで選定した企業の計509社を対象とし、2015年12月1日~12月25日に169社から回答を得た。

1.総括

本アンケート結果から以下の点が明らかとなった。

・ 取締役会に不足している情報は「最高経営責任者等の後継者の計画の進捗状況」(38%)が最多
・独立社外取締役に必要なのは経営経験と専門的な知見の両面
・ 取締役会の重要な業務執行の範囲や取締役への委任の範囲について「議論している」もしくは「見直したいと考えるが議論できていない」企業は75%
・ 取締役会付議事項の割合は決議事項が60-70%、報告事項が30-40%が最多であり、モニタリングよりもオペレーションに関する件数が多いことがうかがえる ・・・。

ニュースリリース:
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20160308.html

アンケート結果はこちら:
http://bit.ly/1poAGFd

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です