ブルームバーグ:「オリンパス、740億円支払いで米司法省と合意」

olympus

「オリンパス米子会社が米国で医師にキックバックを提供し、中南米の当局者に賄賂を支払っていたとされる問題で、同社は米司法当局による刑事捜査と民事調査を決着させるため6億4600万ドル(約740億円)を支払うことに同意した。・・・・・

当局による捜査は、OCAの元最高コンプライアンス責任者ジョン・スロウィク氏が10年に米虚偽請求取締法(FCA)に基づき内部告発の訴訟を起こした後に始まった。勤続19年の同氏は同年に解雇された。

スロウィク氏の弁護士を務めるケニー・アンド・マカファティのタビー・デミング氏とキャサリン・シリング氏は発表資料で、スロウィク氏は最高コンプライアンス責任者に起用されてから間もなくして「オリンパスの営業・マーケティングの成功はキックバックによるものだったことを発見」し、不正をやめさせようと取り組んだものの、オリンパスは「企業責任よりも利益拡大を選択した」と説明した。今回の決着に伴い、同氏には5110万ドルが支払われる。

オリンパスは先月、OCAの米医療事業について米司法省の調査を受けていることに関連し、15年3月期に約539億円の特別損失を計上したのに続き、16年3月期にさらに約156億円の特別損失を計上したことを開示した・・・。」

全文:
http://www.bloomberg.co.jp/bb/newsarchive/O3DFY06K50YS01.html

オリンパスプレスリリース:
米国司法省との合意について http://www.olympus.co.jp/jp/common/pdf/td160302.pdf
追加の特別損失の計上に関するお知らせ http://www.olympus.co.jp/jp/common/pdf/td160205.pdf

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です