コード制定後、コーポレートガバナンス報告書の英語版を提出した企業は何社でしょうか? 全体の約10%に過ぎません

ガバナンス・コートは英語の情報開示を促しているが、直近12ケ月の間、東京証券取引所(TSE)にコーポレートガバナンス報告書の英語版を提出した企業数は15社に過ぎません。(中にはガバナンス・コートの制定後に提出した企業はその約10%に当たる10社あります。)私はTSEにその15社の会社を褒めるべき対象としてTSEのサイトのこのページにアップするよう、提案しました。以下のリンクでそのリストをダウンロード出来るようになりました。

http://www.jpx.co.jp/equities/listing/cg/01.html 

ニコラス ベネシュ

Company Name
FYE
 CG Code?

CyberAgent,Inc.
September
N

ITOCHU Corporation
March
N

Mizuho Financial Group,Inc.
March
Y

Takeda Pharmaceutical Company Ltd
March
N

OMRON Corporation
March
Y

ROHM COMPANY LIMITED
March
N

TOSEI CORPORATION
November
N

Panasonic Corporation
March
N

Shiseido Company,Limited
December
Y

DAIKIN INDUSTRIES,LTD.
March
Y

JAFCO Co.,Ltd.
March
Y

KONICA MINOLTA,INC.
March
Y

Hulic Co.,Ltd.
December 
Y

Internet Initiative Japan Inc.
March
Y

(Last update: October 6, 2015)
 
 

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です