OECD:「新しいG20/OECDコーポレートガバナンス原則は、信用を強化し、金融市場の機能を改善する」

「2015年9月5日

市場のコンフィデンスやビジネスの整合性を促進する取り組みの一環として、G20財務大臣は新しいG20/OECDコーポレートガバナンスコードを承認しました。
G20/OECDコーポレート・ガバナンス原則 は、各国の政策決定者に対して、株主権、役員報酬、金融情報の開示、機関投資家の行動、株式市場の機能の仕方、に関する提言を与えています。十分なコーポレートガバナンスは、資本市場に基づいた金融の促進や投資開放のために不可欠な要素を言え、長期的な経済成長を活性化する鍵となります。

アンヘル・グリアOECD事務総長は、9月4-5日アンカラで開催されたG20財務大臣会合の議長を務めたイスメット・ユルマズ・トルコ副首相と共に臨んだ本原則の発表会見において、「今日のようにグローバルで相互関連性の強いビジネス及び金融の世界において、信用構築は、皆が共に行動しなければ達成できない。新しいG20/OECD原則は、良いコーポレートガバナンスの要素は何であるか、共有されている認識を提示している。今後の優先事項としては、本原則を正しく使い、金融市場のより円滑な機能を確実にしていくことである」と述べました。…」

プレスリリース:
http://bit.ly/1itLEp3

G20/OECDコーポレートガバナンス原則(英語)のダウンロード:
http://bit.ly/1JQuCuv

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です