松田千恵子教授著 『これならわかるコーポレートガバナンスの教科書』

7月4日にBDTIセミナーで講師としてお招きした首都大学東京の松田千恵子教授の『これならわかるコーポレートガバナンスの教科書』が上梓されました。トップだけではなく実務を担うビジネスパーソンにその真髄が分かり易く解説されています。実行性のある企業統治の仕組みを運用するためには、トップだけでなく企業のミドルまで含めた関係者全員がコーポレートガバナンスの本質を理解することが重要だとの著者の信念が集約されています。

主な内容
【第1章】企業をめぐる環境変化とコーポレートガバナンス
【第2章】身も蓋もないガバナンスの話
【第3章】「マネジメントへの規律付け」は機能するのか
【第4章】「カイシャとあなた」は何をしなければならないか
【第5章】「ガバナンスの担い手」になったらどうするか~グループ経営とガバナンス

 

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です