東洋経済オンライン:「ファナック、沈黙を破った超優良企業の素顔」

「富士山麓に本拠を構えるファナック。突如、株主との対話を重視する方針を打ち出し、SR(シェアホルダー・リレーションズ)部を新設した。4月28日の決算では配当性向を従来の3割から倍増させると発表。”豹変”の背景には、いったい何があったのか。東洋経済編集局記者が稲葉善治社長を直撃した。

–変化の背景に何が?
もともと、秘密主義ではない。だいぶ誤解されているが、単に時間を割くのが惜しかっただけで、配当性向の拡大や社外取締役の増員などは考えていた。ただ、栃木県・壬生の新工場や研究所拡張の計画に時間を取られて、手が回らなかった。社員も少ないために、優先順位の高いものから片付けてきた。現在進行形のものも、たくさんある。
–4年ぶりに本社で開いた4月28日の決算説明会では、「お客さんに会っていたい」と本音も漏らした。実は今も、しょうがないから切り上げて来た。(取引先の)社長が来ていたから……。

「1日は24時間しかない」
お客様との信頼関係を構築するのがいちばん大事であって、フェース・トゥ・フェースで会う必要があると思っている。1日は24時間しかないので、今まではそちらに集中していた。

 –国が策定する、「コーポレートガバナンス(企業統治)・コード」が、一連の変化のきっかけか。
社外取締役の増員はそれが大きいが、株主還元は別の話だ。内部留保が(1兆円と)蓄積できており、最悪のことが起きても十分対応できる。これ以上積み増す必要性は薄いので、キャッシュフローがプラスマイナスゼロになるような還元策を考えた。

–潤沢なキャッシュに目をつけ、経営権支配をもくろむ会社が出てくるおそれは?
支配権を取ることが、株主にとってプラスになるのであれば、おやりになればいい。だが、それは考えにくい。半分取るのに3兆円も(現在の時価総額は約6兆円)つぎ込んでどうするのかと思う ・・・」

全文:
http://toyokeizai.net/articles/-/70816

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です