アドアイ: 「IR活動実態調査、「コーポレートガバナンス・コードの導入に向け4割の企業が「準備している」」

「日本IR協議会は14日、第22回「IR活動の実態調査」の結果を公表した。調査期間は1月29日から3月6日で、有効回答数は997社(回答率27.8%)。、、、

コーポレートガバナンス・コードの導入に向け4割の企業が「準備している」

、、、コーポレートガバナンス・コードの導入に向けては、IR実施企業の41.5%が「準備をしている」と回答している。準備の内容に関してIR担当部署では、「株主との対話を充実させる準備」(46.3%)が最も高く、「適切な情報開示と透明性を確保する準備」(27.2%)、「株主総会をより充実させる体制の準備」(26.5%)が並ぶことから、対話・開示関連を中心に関与していることが分かる。

他の部署が準備する項目は「取締役会等の責務を明確にする体制の準備」(65.9%)が最も高く、「株主以外のステークホルダーとの協働できる体制の準備」(60.6%)、「株主総会をより充実させる体制の準備」(55.7%)、「『Comply or Explain』に沿い、実施しない場合の理由の準備」(43.0%)と続き、ガバナンス体制づくりが中心となっている。、、、」

全文:

http://www.advertimes.com/20150422/article190611

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です