ロイター: 「ファナックが株主還元強化、配当性向を2倍の60%に引き上げ」

「[東京 27日 ロイター] – ファナック(6954.T: 株価, ニュース, レポート)は27日、連結配当性向を従来の2倍の60%に引き上げると発表した。また、今後5年間の配当金と自己株取得の合計額が当期純利益の最大80%の範囲内で自己株を取得することも併せて決めた。同社はこれまで株主との対話に消極的だったが、米ヘッジファンドの批判を受け、4月にシェアホルダー・リレーションズ(SR)部を新設するなど対話路線に舵を切った。今回の株主還元強化策もこの一環と言えそうだ。

株主還元強化に伴い、同社は2015年3月期の1株当たりの期末配当金を491.93円(前期末93.26円)に増額する。また、自己株式の保有は発行済株式総数の5%を上限とし、超える部分は原則として毎期消却することも決めた。

ファナックをめぐっては、同社株を取得した米ヘッジファンドのサード・ポイントが大規模な自社株買いと配当引き上げを要求。さらに、同社の取締役会が株主の利益を追求していないとして、社外取締役の増員などを求めていた。

同社は同日、三菱重工業(7011.T: 株価, ニュース, レポート)の佃和夫相談役とエア・ウォーター(4088.T: 株価, ニュース, レポート)の今井康夫社長を新任取締役候補として6月26日開催予定の定時株主総会に提案することも併せて発表した。」

(志田義寧)

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0NI0R220150427

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です