持続可能な金融市場ネットワーク(SFM)、日本版コーポレートガバナンス・コードへの意見書

Network for Sustainable Financial Markets (SFM、持続可能な金融市場ネットワーク)が日本版コーポレートガバナンス・コードへの意見書として以下の点について論じています。

· コーポレートガバナンス:企業とステークホルダーとの利害一致の最大化 

· 取締役会の活動:独立取締役のみで構成された委員会が独立取締役の最重要な役目のために必須

· 適度で企業価値向上に基づいた役員報酬体系

· 社員の利害を反映した企業年金基金の運用責任 

· 結論:コンプライ・オア・エクスプレインによる開示が有効な施行の鍵となる 

Network for Sustainable Financial Markets (SFM、持続可能な金融市場ネットワーク)についてはこちらを御覧ください。

BDTIのData Libraryから意見書をダウンロード: http://bdti.mastertree.jp/f/6nutdvwx

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です