高校生が学ぶ「株式会社の仕組みとコーポレート・ガバナンス」

昨年12月、BDTI代表理事のニコラス・ベネシュが東京都立橘高等学校産業科「地域産業論」の授業で「株式会社の仕組みとコーポレート・ガバナンス」について話しました。同校の「地域産業論」は高校生が企業人から直接話を聞く機会として毎年数回に分けて実施されています。

受講した高校生からは下記のようなフィードバックがありました。(一部)

今まで「どの会社に就職しよう」とか「どんな会社が良い会社なんだろう」などあまり考えたこともなかったけど、今日の話を聞いて少し「就職」について考えようと思いました。
会社は一人ではなく皆でバランスを取るものだと分かった。
人間の信頼関係、会社のメリット・デメリットを聞くことが出来た。日本の経済は最近停滞しているが、変えたいと思う。良い方向に持っていけたら私はとてもうれしいです。部活の経営にも共通する話が多くていいことが沢山ありました。

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です