経団連:「『持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会』の取り組み聞く 」

「経産省の平井審議官から/企業会計委員会、経済法規委員会企画部会・コーポレートガバナンス部会

今年6月の政府の成長戦略「日本再興戦略2014改訂版」において、「持続的な企業価値の創造に向けた企業と投資家の対話の促進」がうたわれ、「株主総会の開催日や基準日のあり方」と「企業の投資家に対する情報開示」について検討を行う旨盛り込まれた。

これに伴い、経済産業省「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進研究会」(以下、研究会)が9月に立ち上げられ、その下に「株主のあり方検討会」と「企業情報開示検討分科会」が組成され、検討がスタートした。

そこで、経団連は20日、東京・大手町の経団連会館で企業会計委員会・経済法規委員会の3部会合同会合を開催し、経済産業省の平井裕秀審議官(経済社会政策担当)らから、研究会設置のねらい等を聞くとともに意見交換を行った。平井審議官の説明概要は次のとおり。、、、」

続きを読む
http://www.keidanren.or.jp/journal/times/2014/1030_10.html 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です