シンフォニー・フィナンシャル・パートナーズ・グループ

シンフォニー・フィナンシャル・パートナーズ・グループは日本とシンガポールを拠点とするアジアの独立系投資顧問会社です。アジアと日本の金融業界において、20年以上の経験を持つデビッド・バランと柴田一彦が、平成12年に設立しました。日本では、金融庁による投資助言業の登録、そしてシンガポールでは通貨監督庁(MAS)による投資運用業の認可を受けています。(シンフォニー・フィナンシャル・パートナーズ・グループのウェブサイトはこちらをクリックして下さい。

創業者の2人は、早期より日本のコーポレート・ガバナンス改革の発展に貢献し、オピニオン・リーダー的な役割を果たしてきました。投資顧問会社としては、初めてファンド主導のMBOを完遂した他、不備のある買収防衛策の導入差し止めに成功するなど、際立った実績を残しています。また、最近ではユーリカヘッジの2014年『Best Asian Hedge Fund』および、インターナショナル・ヘッジファンド・アワードの2014年『Asian Based Asset Manager of the Year』を受賞しています。

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です