「物言う生保」:日生の発表に相次いで、 第一生命は議案賛否数を公表

今日の日経新聞: 「 『物言わぬ株主』と言われてきた生命保険会社が、株主総会での議決権行使によって投資先への経営関与を強める。第一生命保険は大手生保で初めて、投資先の上場企業の議案にどう賛否を投じたかを公表することを決めた。」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC13007_T10C14A8EE8000/ 

昨日は、読売新聞は日本生命について、このように報道された:

「日本生命が公表するのは、株主総会で議決権を行使する基準で、〈1〉議案への賛否を判断するための手続き〈2〉議案に対する賛否の判断指針〈3〉実際に反対した事例――などが柱になる。」

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140812-OYT1T50185.html 

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です