『79歳で社外役員7社兼任の「質」』 (経済ジャーナリスト磯山友幸記者)

経済ジャーナリスト磯山友幸氏が、FACTA7月号に寄稿し、社外取締役導入の流れはできつつあり、今後は、著名経営者がいくつもの社外取締役、社外監査役を兼務し、本当に期待される役割を果たすことができるのか?という「質」の問題が議論されるようになるだろう、とドイツにおけるガバナンス改革の前例を紹介して指摘しています。
http://facta.co.jp/article/201407016.html 

【追記】
下記磯山氏ブログにて全文を読むことができます。
http://d.hatena.ne.jp/isoyant/20140703/1404356931 

社外、社内を問わず取締役としての責務を全うするためのスキルセットの重要性を訴えてきたBDTIでは、『国際ガバナンス塾』をはじめとする研修プログラムをそろえています。ご興味のある方はこちらをご覧ください。BDTIが考える基本的なスキルセットをプログラムの概要でご覧いただくことができます。http://bdti.or.jp/regular_programs 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です