「金融・資本市場活性化に向けて重点的に取り組むべき事項(提言)」(金融庁)

金融庁は、6月12日、金融・資本市場活性化有識者会合による「金融・資本市場活性化に向けて重点的に取り組むべき事項(提言)」を公表しました。

提言では、グローバルで成長性のある企業群の実現のため、グローバル企業の収益性や株主
還元に対する意識変革、売上高利益率やROEなどの向上のための更なる施策が必要とし、以下の項目をあげています。

より良いコーポレート・ガバナンスの推進に向けての環境整備(コーポレートガバナンス・コードの検討等)
事業再生手続の円滑化に向けた私的整理の在り方の見直し
監査の質の向上、公認会計士資格の魅力の向上に向けた取組みの促進
JBIC による新「海外展開支援融資ファシリティ」の創設

http://www.fsa.go.jp/singi/kasseika/20140612.html 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です