「日本産業再興プラン」の原案に関するロイター日本語版vs英語版記事比較の不思議

政府が月内にまとめる「日本産業再興プラン」の原案をロイター通信が報道していますが、日本語版と英語版記事のニュアンスが全く異なるという不思議な内容になっています。いずれにしろ、ロイターが報じた原案の内容は、自民党が先に発表した「日本再生ビジョン」の内容からは明らかに後退しているように窺え、正式な発表までの今後の展開が懸念されます。

日本語版記事『再興プランの原案判明、成長資金供給へ「具体的検討」』
http://jp.reuters.com/article/jp_Abenomics/idJPKBN0ED1H220140602?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0 

英語版記事『Exclusive: Abe's Japan reform plan draft leaves tough questions unanswered』
http://www.reuters.com/article/2014/06/02/us-japan-economy-growth-idUSKBN0ED16320140602 

 

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です