住友電工カルテル:株主訴訟5億円で和解 再発防止盛る

「光ケーブルなどを巡るカルテル10+件で、課徴金約88億円を納めた住友電気工業(大阪市)の株主が当時の経営陣に同額の賠償を求めた株主代表訴訟は7日、経営陣側が会社に解決金5億2000万円を支払う内容で大阪地裁で和解した。原告の代理人によると、株主代表訴訟の和解額としては過去最高となり、原告側の求めた再発防止策などの主張も盛り込んだ内容になった。」と毎日新聞で報じられています。

独禁法違反では、国内外での課徴金の支払いに加え、今後こうした株主代表訴訟の可能性も高まり、企業にとっては大きなダメージとなることが改めて示されました。

ブログ『ビジネス法務の部屋』で山口利昭弁護士も「住友電工カルテル株主代表訴訟にみるリニエンシーの威力」でこれについてコメントしています。
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2014/05/post-dab7.html 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です