サマリー・リポート: 「Shareholder Engagement: Bridging the Divide Between Boards and Investors」

(By Matt Orsagh, CFA, CIPM)(世界中、「エンゲージメント・コード」や「スチュワードシップ・コード」が多数発表された現象についての記事です。最近、各国でどのような展開があったかについてのサマリー・リポートです。)  ”Engagement codes seem to be all the rage these days; since August 2013, groups in Australia, the United Kingdom, Japan, Malaysia, and most recently the United States have been falling all over themselves to get investors and boards talking. Kudos to these groups — as is the case with any relationship, frequent and meaningful communication and engagement build trust and make collaboration more fruitful.”

続き) http://blogs.cfainstitute.org/marketintegrity/2014/03/26/shareholder-engagement-bridging-the-divide-between-boards-and-investors/ 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です