日経新聞: 「12月期決算企業の株主総会ピーク 企業統治や成長に注文 」

「12月期決算の上場企業の株主総会が28日にピークを迎え、約110社が開催した。キヤノンが都内の本社で開いた総会には、過去最多の2663人の株主が出席。同社では初の社外取締役となる弁護士の斉田国太郎氏(元大阪高検検事長)と加藤治彦・証券保管振替機構社長(元国税庁長官)を選任した。

御手洗冨士夫会長兼社長は社外取締役の選任の理由について「M&A(合併・買収)が増え法務面で対応の必要性が高まっている」と説明した。

株主は成長戦略にも関心を寄せた。住友ゴム工業の総会では、米グッドイヤーとの提携解消の影響について池田育嗣社長が「2020年を最終年度とする経営計画は提携に依存する部分はほとんどなく、変更はない」と述べた。、、、、」

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ280F8_Y4A320C1TJ2000/ 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です