米グーグルの2013年海外納税額は大幅増、英国売上高は過去最高(ロイター)

「ただ、2013年の同社の海外利益にかかる実効法人税率はわずか8.6%と、英国の法人税率の約3分の1にとどまる。
 
同社の広報担当者はコメントを差し控えるとした。
 
グーグルの2013年売上高に占める海外事業の割合は55%だった一方、海外利益は全体の6割を占めた。
 
グーグルは英国事業のみ、単独の売上高を公表している。ここ数年、同社の英国事業の売上高に対する納税額の少なさが政治家から批判されてきた。
 
同社は海外での節税策として、欧州の顧客についてはアイルランドの子会社と直接取引させ、子会社がオランダ経由で法人税のかからないバミューダ諸島の管理会社にロイヤルティーを支払う方法を採用し、課税対象となる利益を最小化している。」

記事の全文はこちらhttp://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPTYEA1D01B20140214?sp=true

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です