読売新聞: 「上場企業の行動基準、自民が策定検討へ」

「自民党は、取締役の選び方や取締役会の運営方法などで上場企業がとるべき行動基準の策定を検討する。行動基準に強制力はないが、満たさない企業には理由の説明を求める。

高い水準の企業統治を実現することで、外国からの投資を促す狙いもある。

日に開く党の金融調査会で議論を始め、政府が6月に改定する成長戦略に盛り込みたい考えだ。

同様の行動基準は欧州各国で採用されている。従うかどうかは企業の判断だが、会社法や証券取引所の上場規則より高い目標を掲げる。」

続き  

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140206-00000194-yom-bus_all

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です