現代ビジネス記事 『日本企業の「経営のグローバル化」』

オンラインメディア現代ビジネスに経済ジャーナリスト磯山友幸氏が『サントリー、武田、損保ジャパン…相次ぐ巨額買収で進む日本企業の「経営のグローバル化」。守旧企業は取り残されていく!』と題する記事を書いています。

日本企業による大型の海外企業買収が続く中で、「日本的経営の仕組みから脱却できるかが成功のカギ」とし、「経営のグローバル化を進めようとすれば、日本の本社の仕組みを国際水準に変えなければならない。」と指摘しています。

「問題になるのが、経営の仕組みである。意思決定のルールや経営監視と執行のあり方など、いわゆるコーポレート・ガバナンス(企業統治)の仕組みである。欧米では、ここ20年の間にコーポレート・ガバナンスのあり方が大きく見直され、グローバル企業はほぼ同じ仕組みの上で経営されるようになった。」

「欧米のグローバル企業は、本籍地である本国の売上高・利益よりも、海外での売上高・利益の方が上回るケースが多い。とくに北欧の小国やスイスなどの企業は、早くからグローバル化を進めてきた。最近ではドイツやフランス、米国の企業でもグローバル経営が不可欠になっている。」と指摘し、日本企業にとっても真のグローバル経営が求められているとしています。

BDTIは一橋ICSと共催で、改めて日本のガバナンス制度の中心に位置する監査役制度について欧米をはじめ世界で主流となっている「監査委員会制度」と比較考察するセミナーを3月6日に開催します。詳細は下記をご覧ください。
http://bdti.or.jp/node/857

またBDTIでは個別企業に対してグローバル・コンプライアンス研修を提供しています。真のグローバル企業の実現に向けご検討ください。詳細はこちらです。
http://bdti.or.jp/other_programs 

 

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です