日本コーポレート・ガバナンス研究所『第12 回コーポレート・ガバナンス調査(2013 年JCGIndex サーベイ)』

昨年12月7日に日本コーポレート・ガバナンス研究所は東京証券取引所を対象とした第12回コーポレート・ガバナンス調査(2013 年JCGIndex サーベイ)結果を発表しました。

サーベイは下記の7つのパートの質問から構成されています。
PartⅠ 会社の目標と最高経営者のリーダーシップ  9 問
PartⅡ コーポレート・ガバナンスへの取組み      4 問
PartⅢ 取締役会とその構成               10 問
PartⅣ 経営執行の体制                 10 問
PartⅤ 経営執行の評価と報酬制度           5 問
PartⅥ 連結子会社の管理                 2 問
PartⅦ 株主その他とのコミュニケーション        8 問

上記合計48 の質問項目を4 つのカテゴリーに再分類し、質問項目の得点をカテゴリーごと
に合計し、カテゴリーの得点として集計しています。
カテゴリーⅠ 「企業目標と経営者の責任体制」
カテゴリーⅡ 「取締役会の構成と機能」
カテゴリーⅢ 「最高経営責任者の経営執行体制」
カテゴリーⅣ 「株主等とのコミュニケーションと透明性」

調査結果は下記URLでダウンロードできます。
http://bit.ly/1cm5Xda

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です