ISS 中長期ポリシーの見直しに関するオープンコメントの募集(取締役選任への業績指標の利用の検討について)

ISSの日本オフィスより:  「ISSは11月21日に2014年2月から施行される2014年版の各国のポリシー改定内容を発表しましたが、同時に2015年以降の中長期的なポリシーの見直しを検討すべく、新たな形式のオープンコメントの募集を開始します。(なお、日本の2014年版ポリシーについては2013年版からの変更はありません。)

ポリシーの改定プロセスをこれまでの期間限定のものから、継続的な取り組みへとシフトさせる形で市場からのフィードバックを求めることは、ISSにとって初の試みです。これは、機機関投資家、発行体、規制当局など幅広い市場関係者から、長期的なフィードバックをお寄せ頂くことを目的としています。

日本向けポリシーについては、2015年以降の取締役選任議案に、業績基準に基づき反対を推奨するポリシーの策定を検討しております。詳細は、下記リンクからダウンロードできます。

http://www.issgovernance.com/files/RoleofCompanyPerformanceinDirectorEvaluation(Japan)日本語.pdf

ご質問等あれば、ご連絡を頂ければ幸いです。また、本電子メールは、本オープンコメントの募集を広く一般に周知することが目的ですので、このメールを他者にご転送頂く事は問題ございません。」

日本語のオープンコメント・メモ:
http://bdti.mastertree.jp/f/jvz690up

(英語)Role of Company Performance in Director Evaluation (Japan)
[Download: http://bdti.mastertree.jp/f/8ctr51ou ] 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です