証券アナリストジャーナル10月号「ファイナンシャル・ゲートキーパー」特集に注目

証券アナリストジャーナル最新10月号では「ファイナンシャル・ゲートキーパー」特集と題して、4本の論文が取り上げられています。ファイナンシャル・ゲートキーパーとは金融・資本市場の情報の規律を守る「門番」で、論文では監査法人、信用格付機関、セルサイド・アナリストの役割・留意点(「門番」としての限界)が論じられています。それぞれコーポレート・ガバナンスと密接に関連しているアクターですので、一読の価値はあると思われます。

その中でも江口論文「株式持ち合い「後」の経営者・株主関係における機関投資家の役割」 (http://www.saa.or.jp/journal/eachtitle/pdf/tokusyu_131001_4.pdf)、先週公表された経済産業省「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクト(http://www.meti.go.jp/press/2013/10/20131016001/20131016001.html#!)とも関連する内容ですので、回答を予定している方にはぜひ読んでいただきたい論文です。

コメント by Kazutaka

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です