企業倫理とコンプライアンスの厳格化

The Ethics & Compliance Officer Association (ECOA)のエグゼクティブ・ディレクターKeith T. Darcy氏がBDTI英語版ディスカッション・フォーラムに投稿された記事 "The Ethics Profession is Born"とレポートをご紹介します。 

資本主義の持続的な発展のために企業倫理とコンプライアンスをより厳格化させていこうという世界的な傾向がみられることを下記のような報告書を紹介しながら要約しています。

US Federal Sentencing Guidelines
http://www.ussc.gov/Guidelines/index.cfm 

OECD – Convention on Combating Bribery- 1997
http://bdti.mastertree.jp/f/d5kzuct9

OECD- Recommendation of the Council – Bribery – 2009
http://bdti.mastertree.jp/f/vtdfbxuw

OECD – Good Practice Guidance -2010
http://bdti.mastertree.jp/f/nraygbw4 

Weil – OECD Good Practice Guidelines -2010
http://bdti.mastertree.jp/f/f9qv8u2z

Murphy- Commentary on OECD Good Practice Guidance – 2012
http://bdti.mastertree.jp/f/ojk1et3r

UN Global Compact    http://www.unglobalcompact.org/ 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です