多様性ディスク

window.onload = function() {drawDiversityDiscs()};

多様性ディスク

青い矢印をクリックしてディスクを回してください。
カーソルをディスクの下部にあわせると反転表示されます。

 

多様性の最適化 取締役会議長 多様性を組み合わせる 専門知識,リスク・マネジメント,人事,戦略,市場ノウハウ,企業家精神,コンプライアンス,監査,市場ノウハウ 役割,促進者,批判的な思考者,まとめ役,保守的思考を持つ者,統制者,実行者,開発者,独創的な思考者 比較優位,内国人,女性,年齢の高い者,障害を持つ者,外国人,男性,若手,障害を持たない者

know_how role comp

多様性ディスクの使用方法

(© 2007 by Martin Hilb & Nils Jent, St.Gallen / Switzerland)

ボードの多様性は、競争上、有利にも不利にもなりうる。これは、以下の2点で決まる。

ボードの多様性は、現実社会よりも複雑であってはならない。仮に企業がスイス国内だけで経営されているならば、ボードにアメリカ人は必要ない
ボードの各メンバーが(長所とそれに伴う短所について)自己および他のすべてのチームメンバーの特徴を理解しているならば、ボードレベルでの多様性が付加価値をもたらす

われわれが開発したボードの多様性ディスクは、ボード実務において、次のように利用できる。

円盤の外周:ボードに必要な専門知識

最初に判断するのは、ボードレベルで必要となる専門知識の領域である。指揮・統制を効果的に行うことができるように、ボードは、経営トップのチームと同じ広さの専門知識を持たなければならない。

次に、必要となる専門知識がすでにボードに備わっているか、どの部分が欠けているのかを判断する。

たとえば、企業家精神の専門知識がボードに必要であり、有能で献身的な企業家がボードにいれば、円盤の反対側にある、たとえばリスク・マネジメントの専門知識などの補完的な専門知識を持つメンバーが必要となる。もし、ボードにリスク・マネジメントの専門知識を持つ者がいなければ、次の定時株主総会でそのようなボードメンバーを探さなければならない。

たとえ必要とされるすべての専門知識がボードに備わっていても、そのことが成功を保証するわけではない。ボードチームを効率的にするには、ボードの中での異なる補完的な役割を持つメンバーが必要である。

円盤の中間層:ボードチームの役割

ボードメンバーに自分に最も適したボード内での役割を挙げてもらうことで、どの役割がすでに備わっているかを判断する。補完的な役割は先と同様、円盤の反対側に置かれている。

たとえば、あるボードメンバーが持つ役割(と強み)が“促進者”であるとすれば、このメンバーの弱みはディスクの反対側にある“統制者”である。ボードメンバーが自己の強みと弱みを認識している場合に限り、補完的なスキルと役割を持つボードメンバーを適正に選定することができる。

円盤の内側:社会的データの比較優位性(比較に基づいた強み)

われわれはみな、各自の社会的データのカレイドスコープ(万華鏡)を持ち、それは次の円グラフで示される:
pie_chart
各ボードメンバーの社会的データの中で支配的なものは何かを判断される。上記の例では、この人物の行動に最も大きな影響を及ぼすのは年齢である。

また、この豊富な経験を持つ者の比較優位は豊富な知識である。その者の弱みは、最新のIT技術への適応能力である。

ボードチームの規模を最大でも7名に制限するため、3つの円盤上の特徴の組み合わせを考慮しなければならない。たとえば、あるボードメンバーのプロフィールは、人事の経験と実績/促進者の役割/年齢60歳(経験豊富)であるように。

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です