外国人管理職人数ランキングトップ62、首位は日本IBM58人、1人以上存在する企業はわずか112社

東洋経済オンラインより

「まず全体像からご紹介しよう。対象1117社のうち外国人管理職が存在した企業は112社と全体の10%だった。人数別では1人が50社、2人が28社、3人以上が34社。日本の大手企業では外国人管理職はかなり珍しい存在であると言えそうだ。

個別企業のランキングトップは日本IBMの58人。外資系企業だから当然という気もするが、管理職者数全体での比率はわずか0.9%にすぎない。部長職は34人、従業員136人と全体的に外国人数は多くない。

………

こうした外国人管理職人数の状況を見ると、新卒外国人を増やしても「管理するのは日本人」という構図は変わっていないことがわかる。だが、グローバル化が進む中、「管理職にも外国人」と考える企業は今後、増えていくと予想される。」

記事全文はこちらから

関連投稿

多様性ディスクを活用し、戦略的かつニーズに適合したボードの構成に
http://bdti.or.jp/node/730

多様性ディスク → http://bdti.or.jp/node/729

ヒルブ教授が来日した時に行った講義の模様はこちらからご覧いただけます。また、ヒルブ教授が来日した時に行った講義の模様はこちらからご覧いただけます。→ http://bdti.or.jp/node/702

 

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です