2012年 社外取締役・社外監査役白書(株式会社プロネッド調査)

株式会社プロネッドが、12月決算の会社(184社)の社外取締役・独立取締役の選任状況を「2012年社外取締役・社外監査役白書」として取りまとめました。第一部では東証上場企業の取締役会の状況、第二部では株主総会での社外役員の選任に関する議決権行使の結果を集計分析しています。

サマリーは下記の通りです。

社外取締役を選任済みの企業の割合は、12月決算企業全体の57%から65%に改善。
独立役員である社外取締役を選任済みの企業の割合は、33%から42%に改善。
売上1千億円以上の企業の三分の一が社外取締役3名以上選任。
一社当たりの社外取締役の人数は、1.16人から1.23人に増加。
一社当たりの独立役員である社外取締役の人数は、0.54人から0.64人に増加。
昨年、社外取締役のいなかった企業(74社)のうち15社が新たに選任。
昨年、独立役員である社外取締役のいなかった企業(116社)のうち18社が新たに選任。
社外取締役のいない企業の社長・会長の賛成率の平均は93.0%。2名が75%未満。
社外取締役選任済み企業の社長・会長の賛成率の平均は平均95.7%。75%未満はなし。

白書の全文は以下のリンクでダウンロードできます(ユーザー登録をお願いいたします)。

http://bit.ly/11dJwlk

また、株式会社プロネッドのページは以下になります。

http://www.proned.co.jp/research/20120830.html

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です