大和総研  2013年に注目するESGイベント ―環境・社会・ガバナンス分野の動向

要約    

【Environment:環境】
・エネルギー問題には引き続き注目
・温室効果ガス以外の環境側面に関心が拡大し、新たな街づくりの議論が活発化
・第3次循環型社会形成推進基本計画が開始、従来の活動であるリデュースとリユース(2R)も強化
【Social:社会】
・2013年の事業にかかる紛争鉱物報告が求められる
・国際会議「TICAD(アフリカ開発会議)」が横浜で開催、日本でアフリカへの注目度が高まるか
・ICT普及に伴うプライバシー問題の広がり
【Governance:コーポレート・ガバナンス】
・政権交代後も、社外取締役の選任をルール化する流れは変わらず
・投資家の信頼性を高めるためにも、会社制度の改正は進められよう
http://www.dir.co.jp/research/report/esg/esg-news/20130107_006651.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です