日本企業のIR戦略と「コミュニケーション・リーダーシップ―考える技術・伝える技術」の関係

前回の投稿では、Japan Investing Summit 2012 で私がプレゼン資料 「個別日本企業のリーダーシップとガバナンスを評価する方法について」 の中で、多くの日本企業の戦略の決め方はコンセンサスを中心とするので、若干の曖昧さを残す傾向があって、企業の「使命」及び戦略がIR資料などで表現されると(特に英語へ直訳された場合)、どうしても曖昧で説得力が足りない、と説明しました。

実は元McKinseyのコンサルタントで米国で教育を受けたCosmo PRという戦略的コミュニケーションコンサルティング会社の社長である佐藤玖美氏は最近「コミュニケーション・リーダーシップ―考える技術・伝える技術」という本を出版しました。企業のIR室はより説得力のある効果的なコミュニケーション方法を模索する現在、綺麗なweb siteを外注して直訳してもらうだけでは済まないので、一つ参考になると思います。

(本)「コミュニケーション・リーダーシップ―考える技術・伝える技術」
http://amzn.to/QjCDzX

Cosmo PR社  http://www.cosmopr.co.jp/jp/

ニコラス ベネシュ

 

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です