GMIRatingsのソニーのガバナンスについての低い評価

残念ながら、下記のGMIRatingsによるソニーのガバナンスについての分析に賛同する点が多いです。92歳の「ベテラン」は企業戦略担当役員?新しい取締役(特に社外取締役)はほとんどない?大半の取締役は2005-2010年の間にジョインした、、というのは、戦略の低迷が続いた間ではないか? Mr. Stringerが残って、会長になっている?(これは、伝統的な日本企業の習慣で、現代的なソニーの姿ではないはずとおもいましたが。)

Just as GMI Ratings says, this seems to be a "Sony DNA" problem, not a "committee-style company" governance structure problem, which is how it is often positioned in the Japanese press. (E.g., "Sony proves that the committee-style CG structure – which is the US model [no actually, it only has parts of that model] is not a good one..")

Once upon a time, that DNA was so good….

Nicholas Benes

Update by GMI Ratings on Sony – hub.am/QSIXwa

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です