ドイツの新しいコーポレート・ガバナンスコード

ドイツでは、改訂後の新しいコーポレート・ガバナンスコードが公表された。この「コード」はソフト・ローで、 "comply-or-explain" 方式ので運用されています。Section 5.4.5では、(1)複数の役員席(四つ以上は原則として禁止)と(2)役員研修(自己責任ですが、自動的に会社負担)について記載されてあります。

" 5.4.5 Every member of the Supervisory Board must take care that he/she has sufficient time to perform his/her mandate. Members of the Management Board of a listed company shall not accept more than a total of three Supervisory Board mandates in non-group listed companies or in supervisory bodies of non-group companies which make companies with similar requirements.

The members of the Supervisory Board shall on their own take on the necessary training and further education measures required for their tasks. They shall be supported by the company appropriately."

「右下でダウンロード・オリジナル・アセットをクリック)

http://bdti.mastertree.jp/f/r8s3j9mg

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です