グローバルカンパニーと役員研修?

当法人は昨日、4月26日(木)にBDTIセミナー『役員塾実地体験~国際役員塾で役員力を鍛える、無料体験版コース』を開催いたしました。ご参加いただいた皆様には改めて御礼申し上げます。

さて、上記のセミナーの中で率直な意見交換を行っていただいたのですが、最近、我々がいくつかの会社をご訪問させていただいた際、頻繁にお聞きすることと同じ意見(悩み?)がでてきました。

それは、「①グローバルカンパニーになる→②グローバルマインドを持つボード、役員室が必要である→③役員自らがリーダーシップを持って専門機関に執行役員・役員研修を依頼し、役員全員が研修を受ける、ということが必要であることは、今後自社を支えていかなくてはならない管理職である私たちは理解している。しかし、どのようにして現経営陣、ボードメンバーをそれを伝え、自発的に動いていただくか、ということに悩んでいる。」という意見です。

皆様はどう思われますか?

 

 

 

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です