金融庁の「企業財務研究会」の開催 – 小口 俊朗氏 - 「最近における日本企業の資本政策の考察」

企業財務研究会から講演のお知らせを頂きました。

日時:平成24年5月29日(火)15時00分~17時00分
演題 「最近における日本企業の資本政策の考察」
講師:  小口 俊朗氏(ガバナンス・フォー・オーナーズ・ジャパン株式会社 代表取締役)

~講師の経歴~

早稲田大学法学部卒。日本生命入社。米国日本生命、総合企画室、財務企画部課長を経て、1988年よりニッセイアセットマネジメント。商品開発室長、法人市場業務室長兼コーポレートガバナンス・オフィサーを歴任。2002年~2003年、英国ハーミーズ社派遣(アジア太平洋担当コーポレートガバナンス・マネジャー)。2007年9月、ガバナンス・フォー・オーナーズ・ジャパンを設立。日本における顧客投資先との対話に従事。

著書・論文 「責任ある投資家―英国機関投資家からのメッセージ」(共著。証券アナリストジャーナル2003年1月号)
「機関投資家からみたCSRへの評価」(企業会計2004年56巻9号)
「株式投資家が会社に知って欲しいこと」(共著。日本コーポレート・ガバナンス・フォーラム編、商事法務、2008年)」 

http://www.fsa.go.jp/frtc/kenkyu/20120529.html

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です