株主に利益なし?TOB事情

「 日経平均株価が1万円台を回復すなるど、日本の株式市場にも薄日が差しつつあります。こういう時だからこそあらためて、日本の株式市場の課題を投資家の皆さんにより深く理解して頂き、日本の上場企業の経営が、企業の所有者である株主の利益を重視したものになって欲しいという願いも込めて、TOBによって毀損される株主の利益について話をしたいと思います。」
「 現在進行中の、スターキャットケーブルネットワーク(4339、以下「スターキャット」)に対するTOBを例に、どのように株主の利益が損なわれていて、何が問題なのかについて考えていきます。」

「 スターキャット・ケーブルネットワークとは
名古屋市内を中心に愛知、三重、岐阜とその周辺を営業地域とし、有料加入件数9万件強のCATV事業者。」

続き
http://money.minkabu.jp/30990

著者 株の学校

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です