野村證券レポート「日本の12年議決権行使の注目点」

(西山 賢吾 野村グループ シニアストラテジストのレポート「日本の12年議決権行使の注目点」の概要です)

企業統治への関心の高まりと投資家のスタンス
「社外役員の独立性への見方を厳格化」が今年の焦点

議決権行使方針に大きな変更はないが、社外役員の独立性要件は厳格化へ
12 年の日本企業に対する機関投資家の議決権行使方針は、ここ数年の間に見直しがかなり進んだこともあり、大きな変更を必要とする論点は少ないと考えられる。その中で、昨今の企業不祥事に鑑み、社外役員(社外取締役、社外監査役)の監督機能を更に重視する動きから、その独立性要件を厳格化する動きが強まると見られる。

このレポートの本文はデータライブラリにあります。下記のURLからアクセスできます。。http://bit.ly/GFQ5Yg

 

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です