法務省の法制審議会「会社法制の見直しに関する中間試案(案)」の発表

法務省の法制審議会会社法制部会が、会社法制の見直しに関して、会社法制の見直しに関する中間試案」の取りまとめを行いました。

以下「中間試案」から抜粋

————

「第1 取締役会の監督機能
1 社外取締役の選任の義務付け
【A案】 監査役会設置会社(公開会社であり,かつ,大会社であるも
のに限る。)において,1人以上の社外取締役の選任を義務付け
るものとする。
【B案】 金融商品取引法第24条第1項の規定により有価証券報告書
を提出しなければならない株式会社において,1人以上の社外
取締役の選任を義務付けるものとする。
【C案】 現行法の規律を見直さないものとする。」

この「会社法制の見直しに関する中間試案(案)」はデータライブラリからもダウンロードできます。 http://bit.ly/v1i4xs

BDTIについて BDTIでは、取締役や監査役など役員として、また業務執行役、部長など役員を支える立場の方としての基本的な能力を身に着けるための役員研修「国際ガバナンス塾」を定期的に開催しています。(オーダーメイド役員研修も、承っております。)また、「会社法」「金商法」「コーポレートガバナンス」の基礎をオンラインで学べる低価格のeラーニングコースを提供しています。詳細はこちらから。講座の概要は以下の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です